脱毛 リスク

神戸三宮・元町周辺の脱毛サロン徹底比較!

脱毛にかかる費用

最近は、脱毛サロンで本格的に脱毛をする女性の数が増え、若い人たちの間では今や脱毛サロンに通った経験のない人が珍しいほど。
今や、脱毛サロンに通うことは「新常識」となりつつあります。
しかし、世の中、どんなことにも100%安全なんて言うことはあるはずもなく、必ずリスクはつきまといます。
初めて脱毛サロンに通うことを決めた人は、その期待から「肌がきれいになる」とか「面倒な自己処理が要らない」など、メリットばかりに目が行きがちですが、実は様々なリスクがあるんです。
お金や時間がかかること、フラッシュを当てることで起こりうる乾燥肌ややけど、赤みなどの肌トラブル。
また、今よりももっと毛が濃くなってしまう硬毛化・多毛化のリスクなど、挙げていくとどんどん心配になってしまいますが、だからこそ、きちんとリスクを知っておけば、対策や回避方法を考えることができますよね。
ここでは、脱毛サロンに通うことで起こる可能性のあるリスクとその解決方法をご紹介します。

1.お金と時間

脱毛サロンに通うということは、自己処理よりもお金がかかります。プロの手によって、専用の機械で施術を行うのですから当然のこと。また、脱毛サロンに通うまでの時間もかかるので、忙しい人には面倒かもしれません。
しかし、自己処理の場合もシェーバーを購入するなど、費用は掛かりますよね。
自己処理のメリットはリーズナブルさと手軽さですが、いつまでも処理し続けなければいけないことがデメリット。費用と時間はかかっても、脱毛サロンでの半永久的な仕上がりと自己処理では手に入れられないツルスベ感はとても大きいですよ。

2.もう生えてこなくなってしまう

ムダ毛は、処理しているとどんどん「あっちも、こっちも・・・」とすべてなくしてしまいたくなるものです。
腕や足など、人目に付きやすい部位はきれいに処理している方がエチケットとしても好ましいですが、中には脱毛のし過ぎで後悔する人もいます。
その後悔を生みやすいのが、デリケートゾーン。特に若い世代の人に多いのですが、すべての毛をなくしてしまうと、新しくできた彼に遊び人だと思われたとか、温泉で注目されてしまうなど「やっぱりやめておけばよかった」という人が多くいます。
あと、眉毛の脱毛もそうです。
ニードル脱毛では、フラッシュを当てられない目の近くの施術も可能ですが、眉毛を細くしすぎてしまったことを悔やんでいる人は、実はとても多いんですよ。
デリケートゾーンや眉毛の形には、その時の流行があるので、よく考えてから施術を決めてくださいね。

3.日焼けできない

脱毛サロンに通い始める人が多くなるのが、春頃から。どんどん薄着になる季節に申し込みの人の数は増えていきます。
フラッシュ脱毛を受けている期間中は、日焼けは厳禁です。
というのも、照射するフラッシュはメラニン色素に反応するため、日焼けで肌の表面にメラニン色素が増えてしまうと、思わぬやけどを負ってしまうとか、照射したいムダ毛にきちんとパワーが届かず、効果が薄くなってしまいます。
でも、春頃からは紫外線が強まってきますよね。
フラッシュ脱毛をしている間は、厳重な紫外線対策が必要なので、ファッションもアウトドアも存分に楽しめないかもしれません。
しかし最近は、おしゃれなUVカットウェアがたくさん発売されています。特にラッシュガードは海でも山でも使えて、デザイン豊富。
ファッション性と機能性を兼ね備えたものも多くありますよ。

4.ワキ毛が無くなるとワキ汗が多くなったと感じる

ワキは体の中でもたくさんの汗腺が集まる場所です。
よく、ワキ毛がなくなるとワキ汗が増えたように感じるという人がいますが、実はそれほど分泌される汗の量に変わりはなく、ワキ毛がなくなった分、汗が表面化しやすいので多くなったように感じるだけなのです。
毛がなくなると、制汗剤がダイレクトに毛穴に効くので、汗を抑える効果は上がります。
また、二つある汗腺のうちの一つ、アポクリン腺から出る汗は、放置しておくとワキガの原因となりますが、汗ふきシートでふき取りやすくなるため、清潔に保つことができるようになり、臭いの悩みを改善することができますよ。

5.乾燥肌になるかも

フラッシュ脱毛では、フラッシュとムダ毛のメラニン色素が反応した時に、熱エネルギーが出ます。皮膚の内側で熱が発生すると、皮膚の水分は蒸発しやすくなり、肌は乾燥しやすい状態に。
だから、フラッシュ脱毛の施術を終えた後は、いつも以上の保湿ケアが必要になるのです。
また、温まった肌は毛穴が開いた状態です。
ここからも水分が逃げていきやすいので、毛穴をケアすることも大切。
フラッシュをしたから乾燥肌になるというのではなく、きちんとケアをすれば乾燥肌を予防することができるので、施術期間中は念入りに潤いを補給して、ほてったお肌をしっかりとクールダウンすることを心掛けましょう。
化粧水でたっぷりと水分補い、クリームなどの油分でふたをすればOK。
十分すぎるくらいのケアがちょうどいいですよ。

6.毛嚢炎になりやすい

毛嚢炎は別名で毛包炎ともいわれ、毛根周辺が炎症を起こすことを言います。
フラッシュ脱毛では、フラッシュを当てた時にエネルギーが毛根にまで届き、その時のダメージで毛根周辺の皮膚が腫れて、肌の表面に赤みが出てきます。
少量の出血を伴う場合や、中に膿がたまった状態になり、白くニキビのように現れることもあります。
これは、自己処理での毛抜きやワックス脱毛、シェービングでも起こるので、ムダ毛処理をしている以上、どんな方法でも付きまとうリスクです。
最も毛根に負担をかけるので、それに比べればフラッシュ脱毛で起こるリスクは低いかもしれません。

7.多毛化、硬毛化のリスク

多毛化・硬毛化は、顔や背中、うなじや二の腕など、比較的毛の細い部分で現れやすいリスクです。
フラッシュがムダ毛に反応するとき、毛の濃い部分ではしっかりとエネルギーが毛根に行き届いてダメージを与えますが、メラニン色素の少ない産毛の部分では十分に届かず、逆にそのエネルギーが毛を作り出す細胞を活性化させる刺激になってしまいます。
すると、その部分だけ毛の数が増えたり、太くて濃い毛や長い毛が生えてくるなど、施術前よりもムダ毛が目立つようになってしまいます。
このことについては、カウンセリングで事前に説明がありますが、毎回施術のたびに硬毛化していないか担当の人にチェックをしてもらって、プロのアドバイスをもらいましょう。

8.施術による火傷のリスク

フラッシュ脱毛では、フラッシュをした時の熱反応で、まれに肌にやけどを負ってしまうことがあります。
脱毛サロンで使われる機械では、その人の肌質や施術する部位に合わせて出力のパワーを調整することができます。
肌の調子が思わしくない時には、担当のスタッフの方に相談して、パワーを弱めてもらうなど対策してもらいましょう。
また、各脱毛サロンには必ず提携のクリニックがあります。
提携のクリニックでは、その脱毛サロンに通ったことで起きた皮膚トラブルを抱えた患者を多く見てきているので、アドバイスが的確です。医師の診察や薬の処方が必要な時には必ず受診してくださいね。

9.色素沈着

色素沈着は、万が一やけどをしてしまった後などにできるもので、フラッシュが直接色素を沈着させるわけではありません。
フラッシュを当てた時、その出力が適切じゃなかったり、肌の状態が不安定な時など、まれに赤みややけどを起こして、傷跡として残ってしまうことがあります。
普通なら、肌のターンオーバーで傷跡やメラニン色素はきれいな状態になりますが、過剰に作り出されたメラニン色素は、一部排出されないまま肌に残ってしまいます。
これを防ぐには、保湿対策が有効です。
しっかりと潤いがある肌は、ターンオーバーもスムーズで、傷の治りも早く、色素も残りにくくなりますよ。

10.白斑、ケロイドのリスク

フラッシュ脱毛で起こるやけどの程度が大きいと、尋常性白斑と呼ばれる症状が起きることがあります。
これは、何らかの刺激によってメラニン色素がうまく作られなくなるもので、肌にとって相当なダメージを受けた時などになる可能性がある症状です。
また、ケロイド状になってしまうことも。
フラッシュ脱毛では、経験豊富なサロンスタッフが施術を担当しますが、時にスタッフのミスや機械の不調、また、施術を受ける側の体調や肌状態が良くないことなどが原因で、やけどを負ってしまうリスクがあります。
もちろん十分に注意して施術が行われるので、ほとんどの場合起きることはありませんが、まれにこのような事故が起こるということも覚えていてくださいね。

まとめ

様々なリスクについてご紹介してきましたが、このように見ていくと、なんだか脱毛サロンに通うのが怖くなってしまいますよね。
これらのリスクは、大手や個人経営の脱毛サロンなど、経営の規模に関係なく起こります。
つまり、どの脱毛サロンを選んでも、リスクは必ずあるんです。
だからこそ、中にはこのようなトラブルがあるということをしっかり理解しておくと、突然のトラブルにも冷静に対処できますよね。
特にトラブルとして多いやけどや赤みなどの皮膚症状は、早急な対策が必要です。
ほとんどのクリニックは、提携しているクリニックがあるので、スタッフの方に事前に聞いておくのもいいかもしれません。
少しでも異変を感じたら「症状が軽いから大丈夫」と放置せずに、すぐに専門家に見てもらってくださいね。
脱毛サロンでは、トラブルを引き起こしてしまった時の対処法、脱毛の機械の使い方など、徹底的にスタッフ研修をしています。
また、最近では、脱毛サロンに通う人が多くなってきたので、施術数が多い分スタッフの人の経験値や腕も上がっているので、安心して大丈夫。
事前カウンセリングでは、フラッシュ脱毛のリスクについて詳しく説明してくれます。
また、疑問点もここでしっかりと解消してくれるので、気になることがあれば色々聞いてみてくださいね。