脱毛 スキンケア 用語

神戸三宮・元町周辺の脱毛サロン徹底比較!

脱毛&スキンケアミニ用語集

本サイトではできるだけわかりやすい言葉を選んでいますが、ときには聞きなれない専門用語が出てくることも…。そんなときはこのページでチェックしてみてください。

脱毛編

アレキサンドライトレーザー
毛根を囲んでいるメラニン色素だけに反応する医療用レーザー。毛根部分のみに作用して破壊するしくみ
アポクリン腺
2種類ある汗腺のうちワキの下や陰部、肌門やへその周囲などにあるもの。脂肪・鉄分・色素を含んでいるためニオイや汗ジミの原因になる
エピライト
IPLという特殊な光による脱毛機器。やけどを起こしやすいため、出力を落としたものがエステティックサロンなどで使われている

性毛
第二次成長期に伴って生えてくるワキ毛や陰毛、男性のヒゲや胸毛、すね毛のこと。毛が太く、生える方向がバラバラで、脱毛には長期間が必要
絶縁針脱毛
正式には小林・山田式絶縁針脱毛という。毛の発生源を電気熱で正確に処理し、皮膚に接する部分は絶縁してあるため皮膚表面に傷を残さない

ダイオードレーザー
皮膚の深部にまで達するため、従来の脱毛用レーザーでは効果の低かった毛根の深い毛にも対応できるが特長。日焼けした肌にも使える
テスト照射
レーザー脱毛の最適な出力を決定するため、脱毛する部位の目立たない部分に照射してみること。痛みや脱毛後の肌を確認することもできる

皮脂腺
毛根部分にある、皮脂を分泌する腺のこと。すべての毛には皮脂腺が付随していて、脱毛すると皮脂腺が閉じ、皮脂の分泌が減る

埋没毛
皮膚の中で伸びている毛のこと。自己処理で毛が途中で切れ、その上に皮膚がかぶさって毛穴がふさがったためにおこる。シミの原因にもなる
無性毛
性毛以外の毛。毛が細く、一定方向に生えているのが特徴。無性毛の方が脱毛しやすく、毛周期が短いので短期間で脱毛が完了する
毛幹
毛の、皮膚の表面に出ている部分。ふだん「毛」あるいは「ムダ毛」、「髪」「まつ毛」などと呼んでいるのはすべてこの毛幹のこと
毛球
毛根の一番下のふくらんでいる部分のこと。球根のようにふくれている形から毛球と呼ばれている
毛孔
一般的に「毛穴」と呼ばれている部分。毛が皮膚表面に出てくるところ。アポクリン腺に繋がっている
毛根
毛幹の延長だが、表皮より下の部分を毛根と呼ぶ。毛幹との構造上の違いはない。毛乳頭や毛母細胞がある毛球も毛根の一部
毛周期
毛には成長期、退行期、休止期があり、この3周期を総称して毛周期という。毛周期は部位によって違う
毛乳頭
毛球の底辺にあるくぼみのこと。毛細血管や神経が集中していて、毛の成長に必要な栄養素をここから取り入れている
毛包
毛根全体を取り巻く組織のこと。上部毛包、中部毛包、下部毛包の3つに分かれている
毛母細胞
毛乳頭の上の部分のこと。毛母細胞は毛乳頭から栄養をもらって細胞分裂をすることで毛が成長を始める

ヤグレーザー
黒い色に反応する種類のレーザー。メラニン色素が原因の黒アザ、青アザなどの治療に用いられる。皮膚の深い部分にまで到達するのが特徴

レーザー脱毛
黒い色に反応するレーザーで毛根と毛包に含まれるメラニン色素に反応。毛根を瞬間的に熱分解することで、ムダ毛を処理する方法

スキンケア編

イオン導入
肌に塗布するだけでは真皮層まで達しない有効成分(ビタミンC・A・アミノ酸など)をイオン化して、肌の真皮層にまで送り届ける美肌治療

角質・角質層
肌の一番外側の層。角質細胞と、その隙間を満たすセラミドで構成されている。健康な肌なら、洗顔などで自然にはがれる
角栓
毛穴の中で皮脂と古い角質とが混ざり、白っぽい半固形状になったもの。空気中のホコリなどが混ざると黒っぽくなる。毛穴を押し広げる原因
活性酸素
もともと体内にあるものだが、紫外線やストレスなどのダメージで増加。身体の正常な機能まで攻撃し、肌に悪影響を与える
肝斑
顔のシミの一種で、ほほや額に左右対称にできる。妊娠などでホルモンバランスが崩れるとできることが多く、紫外線に当たると悪化する
グリコール酸
ケミカルピーリングで使われる物質。角質をはがす性質をもつAHA(アルファヒドロキシン酸)類の一つで、フルーツ酸とも呼ばれる
ケミカルピーリング
古い角質を除去して新しい角質を再生させる施術。ターンオーバーの正常化とコラーゲン合成の促進でハリのあるみずみずしい肌が再生する
コラーゲン
動物の体内に最も多く含まれるたんぱく質で、約40%が皮膚に存在。加齢により減少し、柔軟性も少なくなるためにシワやたるみが現われる

サーマクール
RF(ラジオ波)という特殊な電気を肌に当ててリフティング効果をもたらす施術。肌の深部にまで到達し、コラーゲン生成が活発になる

ヒアルロン酸
真皮層でコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めている物質。高い保水力があり、肌のみずみずしさを保っている。加齢により減少する
ビタミンC誘導体
ビタミンCは不安定で酸化しやすいため、皮膚細胞内に取り込まれてからビタミンCに変化させる目的で開発された物質。肌への吸収率が高い
皮脂
皮膚から分泌される脂。角質層の表面に膜を作り、水分の蒸発を防いだり、ホコリや花粉などの刺激から肌を守るバリア機能をもたらす
フェイスリフト
たるみが現われた皮膚をはがして引き上げ、余分な皮膚を切除したのちに元に戻す手術。若返りの手術として一般的に行われている
フォトフェイシャル
特殊な光を当てて肌細胞を活性化し、シミ・ソバカス・くすみなどを改善する施術。波長が幅広いため一度にさまざまな肌トラブルを解消できる
プラセンタエキス
栄養がきわめて豊富な胎盤から抽出した物質。一般には豚由来のものが多い。新陳代謝や身体機能を活発にし、環境の悪化から身体を守る働きもある
ボトックス
ボツリヌス菌由来の物質を注射し、表情筋の過剰な動きを止める施術。笑いジワや眉間のシワができにくくなる効果や、小顔効果もある

メラニン色素
表皮の中にあるメラノサイトでつくられる黒い色素。肌細胞を紫外線から守る働きがあるが、過剰につくられるとシミの原因になる

レチノイン酸
体内でビタミンAに変わる誘導体で、真皮に働きかけてシワを改善する作用がある。レチノールに比べて約20~30倍の効果があるといわれている
老人性色素斑
皮膚の老化により、ほほやこめかみなど日の当たる部位にできる円形のシミ。メラニン色素を多く含んでいるためレーザー治療に適している